第14話「ジャビルッカ」

 

余談ではあるが、ダーウィンで原発反対運動をしているある科学者と出会った。彼はおもむろに二枚のオーストラリア地図を取り出した。それらは何ケ所かマーキングされており、これが何の場所か解るかなと問いかけてきた。一つは、アボリジニの聖地と言われている場所にマーキングをされているのが解かった。もう一つはというと、ウラニウムの埋もれている場所だと言うのである。彼は、太陽越しにその二枚の地図を重ね合わせて見せた。するとどうであろう、アボリジニの聖地と言われている場所とウラニウムが埋もれている場所の多くが重なりあっていた。アボリジニ達は、数万年も前からウラニウムの存在に気付いており、それらを封印するためにその場所の多くを聖地として祭ったんだと彼は教えてくれた。彼は、アーネムランドにあるその二つのマーキングが重なっている場所を指差し、この場所の為に来たんだと言っていた。その場所はジャビルッカと言われる場所でまさに政府がウラニウムを掘り起こし大原子力発電所を作ろうとしている場所である事を後に知った。

 

(C)2008 JUNGLE MUSIC