FUJI & SUN

2021/03/10

2021/5/15・16に行われる、FUJI&SUNに出演決定いたしました
 
https://fjsn.jp
 

4月16日(金)表参道VENT

2021/03/10

2020年4月16日(金)
OPEN 23:00
VENT
 
DOOR ¥2,500
BEFORE 0AM ¥1,000
LIMITED ADVANCE TICKET ¥2,000(優先入場)
FB DISCOUNT ¥2,000
 
=ROOM1=
GOMA – Didgeridoo and Drum Session – (didgeridoo:GOMA/dr:椎野恭一)
Ground (a.k.a Gr◯un土)
HOWL
YEARTH (THE STORIES/Deeep!/MEiYOU)
 
=ROOM2=
Fled Tokyo Naotsun MIDY msms
 
*VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
 
ご来場のお客様へのお願い:
VENTでは事業者向けの東京都感染拡大防止ガイドラインに従って営業を行っております。ご来場頂くお客様におかれましては、感染拡大予防の趣旨をご 理解頂き、以下の点にご協力いただきますようお願いいたします。
・体調がすぐれない場合は、決して無理をせず参加を控えていただき、保健所等にお問い合わせ頂き、その指示に従ってください。
・参加される方はあくまで自己責任となりますので、感染予防に注意をお願いいたします。
・感染対策エチケットの徹底にご協力をお願い致します。
・尚、会場内で気分が悪くなった場合は、決して無理をせず速やかにスタッフに申し出て下さい。
・先着で限定人数の入場となります。入場規制になる可能性がございますことをご了承ください。
・ご来場頂く全てのお客様にご氏名とご連絡先メールアドレスを伺います。またご入場時に体温の検温、手指のアルコール消毒を行っていただきます。
・店舗内では各所への手指消毒用設備の設置、また多くの方が触れる場所へは適時スタッフによる清掃を行って参ります。ご不便をおかけしますがご協力よろしくお願いいたします。
・新型コロナウィルス感染および拡散防止の為、スタッフはマスクを着用の上、業務させていただきますので、予めご了承下さい。
最新の情報は厚生労働省のホームページをご参照ください。

JUNGLE FESTIVAL 20 オンラインストリーミング

2021/01/18

 

 
昨年10月17日に栃木県かかしの里で開催した「JUNGLE FESTIVAL distance ver GOMA & The Jungle Rhythm Section LIVE 2020」を記録したライブドキュメンタリーフィルムが1月23日19時より配信決定
 
設営時からカメラを廻しメンバーをはじめ、制作スタッフ、音響、照明、美術、観客へインタビュー。自粛期間に感じたこと、コロナ以降過ごした時間などそれぞれの思いを語った。ライブ本編と合わせて130分のライブドキュメンタリー
 
なお、1月23日(土)のライブ配信終了後、GOMAによるトークイベントが行われる。
トークイベントは23日のみ、ぜひチェック!
 
■チケット料金 2,500円 (ZAIKOによる電子チケット制)
■チケット購入サイト https://gomaweb.zaiko.io/e/junglefes20
*配信終了後、チケット購入者は1月26(火)23:59までアーカイヴでご覧いただけます

 

令和2年度江戸川区高次脳機能障害支援者事業普及啓発講演会

2020/12/06

江戸川区高次脳機能障害支援者事業普及啓発講演会にリモート出演いたします
新型コロナウイルスが私たちの生活にどんな影響をもたらしたか、高次脳機能障害を経験した4名の登壇者と共に、不安定な時代を生き抜くためのヒントを探ります
 
日時:2020年12月13日 13:00〜15:30(GOMAは14:30から)
イベント内容
■基調講演(13:10~)
「高次脳機能障害と共に生きる、あなたと共に生きる」
講師 鈴木大介氏
■トークセッション(14:30~)
「この時代を生きる」
登壇者 柳浩太郎氏×柴本礼氏×GOMA氏+鈴木大介氏

詳細はこちら https://soteria.jp
  
出演者
鈴木 大介 氏
1973年千葉県生まれ。子供や女性、若者の貧困問題をテーマにした取材活動をし『最貧困女子』(幻冬舎)、『ギャングース(漫画原作・映画化)』(講談社)、『老人喰い』(ちくま新書・TBS系列にてドラマ化)などを代表作とするルポライターだったが、2015年(41歳)で脳梗塞を発症して高次脳機能障害当事者に。その後は高次脳機能障害者としての自身を取材した闘病記「脳が壊れた」「脳は回復する」(いずれも新潮社)や夫婦での障害受容を描いた「されど愛しきお妻様」(講談社)などを出版。近刊は初の小説表現である「里奈の物語」(文藝春秋)、援助職全般向けの指南書「『脳コワ』さん支援ガイド」(医学書院・シリーズケアをひらく)、心理職に向けた対談本『不自由な脳』(金剛出版)など。
 
柳 浩太郎 氏
1985年生まれ、俳優。ミュージカル「テニスの王子様」の初代越前リョーマ役として人気を博す。2003年12月、稽古から帰宅途中に交通事故に遭い、高次脳機能障害を抱える。リハビリを経て舞台復帰し、困難と戦いながら舞台・テレビ・映画で活躍。2014年に芸能活動を休止するが2019年より再スタートを切る。著書『障害役者 ~走れなくても、セリフを忘れても~』(ワニブックス刊)。
 
柴本 礼 氏
2004年夫が43歳の時、くも膜下出血により高次脳機能障害を負う。夫のリハビリと社会復帰を支えながら2010年『日々コウジ中』(主婦の友社)、翌年その続編を出版。2013年ネットでのやりとりが主の家族会、高次脳機能障害コウジ村を立ち上げるほか、10年書いているブログでも相談を受けている。TKK(東京高次脳機能障害協議会)理事。
 
リモート講演のお申し込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScqAF9Y7joh98p9PjQ-69BCnj0ITJTgPq1LstVj5-ZDKkCTvg/viewform

群馬で GOMA meets U-zhaan

2020/10/30

群馬県のセレクトショップ sonarがお送りするイベントに参加します

イベント名:PLAY+”sonar
会場:EL JULIO 群馬県高崎市宮元町206番地
日時:2020年11月29日(日)18:00〜
LIVE:GOMA meets U-zhaan・環ROY
DJ:MijA (SPACE SAFARI)・A.TAKEDA (Reunion)
チケット:前売り 4500円+drink 当日5000円+drink
チケット購入:peatix https://playplus.peatix.com
sonarEL JULIO
  
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記の対策をいたします。
  
1. 消防法で定められた会場収容人数の50%に抑える。(人数制限を持つ)
2. 入場の前の検温にて、発熱(37.5°C以上)がある場合は入場をお断りする。
3. マスク着用、定期的な手指消毒をお願いする。
4. 会場の換気ができる状態にする。
5. 入場時に氏名、携帯番号を記入していただく。
※イベント開催時の状況により、変更がでる事もございます。ご了承ください。
 

JUNGLE FESTIVALは雨天決行です!

2020/10/15

JUNGLE FESTIVALは雨天決行です。豪雨など、やむを得ない事情で中止とする場合は、イベント当日(10/18)朝8:00に発表いたします
 
夜は冷え込みが予想されるのでダウンジャケット等、ご持参くださいねー!

junglefes拡大マップ・cocoaQRコード

2020/10/15

JUNGLE FESTIVAL にご来場の皆さま
駐車場入口のご案内地図とcocoaダウンロード用QRコード、ぜひご活用ください
 
PDFダウンロード

インタビュー「GOMAが考える、今、野外でライブを行う理由とは」

2020/10/13

 

この投稿をInstagramで見る

 

goma_official(@goma_official)がシェアした投稿

  
一人一人がマナーを持ってしっかり楽しむ。
僕たちも新しいライブのスタイルを模索しながらチャレンジしたい
GOMAが考える、今野外でライブを行う理由とは
 
Fesおじさんこと、DEAL編集長・菊地崇さんに、JUNGLE FESTIVALをおこなうことになったきっかけや想いなどを話しました
 
■コロナ禍以降どのように過ごしてきた?
 
(GOMA)3月初旬、大阪高島屋で展覧会の会期中、大阪のライブハウスでコロナが出て大変なことになってきたぞって、その頃は2週間もあれば落ち着くだろうと思っていました。
 
展覧会が終わり、コロナも終わるかなとニュースをみると、全く逆でどんどん拡がっていった。緊急事態宣言がでて、友達と連絡取る事といったら、あのライブがキャンセルになった、あのフェスが中止になったって、フジロックまでにはなんとかなるでしょうと思っていたのにそれも駄目‥‥。毎年暖かくなった頃から週末はフェスであちこち行く生活を送っていたけど、今年はまだ夏が来ていないような感覚。
 
■毎年静岡の頂フェスにでて、そのあともフェスで季節を感じてきたよね
 
(GOMA)それが体のサイクルになっていることに今回気がつきました。夏になって暖かくなり、身体はうずうずしているのに、精神は行く場所がなく家でもんもんとしている状況が続いていました。
 
■絵を描くこととディジュ吹くこと、どちらの時間が多かった?
 
(GOMA)ステイホーム期間は圧倒的に絵を描いている時間が多かった。楽器は家以外の場所で吹くことが多かったし、練習スタジオ自体がコロナ禍でクローズして行く場所がなくなってしまって‥‥。
 
■緊急事態宣言のころは、スタジオやカラオケが密だっていう感覚になっていたかもね
 
(GOMA)家から出ちゃ駄目という感じがあって、外を走ったり歩いたりをSNSでアップすると、今は外に出ちゃ駄目ですよとメッセージが来たり。
  
■外に出たりもしないと精神のバランスを取るのは難しかった
 
(GOMA)バランス感覚はおかしくなっていきました。ライブをすることで自分の魂を解放し、生きるためのモチベーションになっていた事を今年の夏実感しました
 
■25年近くライブを続けてきたんだもんね
 
(GOMA)それが今年の夏は1本も‥‥笑。
 
■9月に入って少しずつフェスが始まり、ステージに立つミュージシャンが「今年初めてのライブ」「半年ぶりのライブ」と話すのを聞いて、お客さんの前でやることが大きいのだなと
 
(GOMA)本当にそう思います。今年は事故復帰10周年記念イベントを友達アーティストに集まってもらって、盛大にやろうとしていたけれど、それは中止しました。
 
■コロナ禍でJUNGLE FESTIVALをやろうとしたきっかけは?

(GOMA)7月初旬、バンドメンバーで久々に集まりました。そしたらみんなのテンションが少し変というか、僕が知っていたのとは少し違ったんですね。これはライブをやらないとヤバいなって。「今年1本だけでもいいからやろうよ!」ってそこから急ピッチでスタートさせました。ディスタンスが取りやすい、風も流れていて、安心感がある。
 
野外で行うフェスは1人1人がモラルを持って参加すれば問題がない気がしています。GOMAちゃんファンは大人だしモラルや優しさがある人たちだと思います
 
(GOMA)そう信じています。一人一人がマナーを持ってしっかり楽しむ。僕たちも新しいライブのスタイルを模索しながらチャレンジしたい。
 
■ダンスは密接しなくてもできる。いかにみんなが考えて今を楽しむことができるか?
 
(GOMA)ディスタンスを保つために椅子を並べます。コロナ時代のライブは何に気を付けたら思いっきり楽しめるかをお客さんと発見したり学んだりしたい。やってみないと先に進めない。
 
■ミュージシャン達も心の健康が保てない。ライブに行くファンもうずうずしている。
 
(GOMA)ライブ・音楽は大切なものだということがはっきりした
なんて尊い時間だったんだろうと思っています。
 
■ライブはエネルギーになるし、必要なものだった
 
(GOMA)ライブはアーティストにとって健康を維持するための大きな柱だった気がしています。ライブが恋しいです。
 
■JUNGLE FESTIVALに来るお客さんにはどんな楽しみ方をしてもらいたい?
 
(GOMA)1人1人がマナーを守って自分のエリア内で思いっきり楽しんでほしい。開放感のある場所だから、来てもらえたら心配はないと思う。
 
■交通手段は?
 
(GOMA)問い合わせがすごく多くて、車でしか行けない場所ではあるのだけど、東武電鉄の新大平下駅からタクシーだと10分弱1400円程度(概算)。栃木駅からバスも。終演後の交通手段を調べたけど見つけられず、新大平下駅まで無料で送り届けるサービスを行う事にしました。これでみんな来やすくなったかなー。電車も車も都内から1時間ちょいで行けるのでぜひ、来てほしいです。
 
■栃木は遠いイメージがあるけどそんなにだよね。関東だし
自然のでのライブは今年とても貴重な時間ではあるから。ぜひ皆さんには来ていただきたいね
 
(GOMA)ぜひ来てください!!!来てね!
 
JUNGLEFESチケット購入はこちら

 

かかしの里はこんなところです!

2020/10/05

会場は栃木県にあるかかしの里。「栃木県遠いー」との声もちらほら入ってくるのですが、車だと都内から約1時間、電車で1時間30分、日帰りで十分楽しめる場所を選びました。電車で来場される方、終演後の無料送りサービス利用していただければ、都内に夜9時ごろには帰着できます
 
かかしの里は、ぶどう畑に囲まれ、抜け感があり、気持ちがほっこりとする、ちょっと懐かしい感のある公園です
 
今回何よりも素晴らしいのが、駐車場が公園に隣接していること、前回のフェスでは駐車場が近くになく、バスに乗車していただかなくてはなりませんでした、フェスによっては、駐車場から延々と何キロも歩かなくちゃいけない時もあります。
 
公園自体もそうですが、今回全てがコンパクトで、都内からの距離も90キロほど、全てが凝縮しています
 
コロナになってからの想いを全て、この日にピークを持っていきます。
チケットまだ少しあるので、迷っている方ぜひきて欲しいです
 
配信では感じる事が出来ないスペシャルな空間。
新しい時代のフェスをお客様と一緒に学びながら作っていきたい、そう願っています!

チケット購入はこちら

感染予防でフェスを楽しもう!

2020/10/05

JUNGLE FESTIVALは新時代の野外フェスを皆さんと一緒に学びながら作っていきたいと考えています
 
1個ずつやれること重ねていこう!
感染予防でフェスを思いっきり楽しみましょう!!!
 
チケット購入はこちら