大地から生まれる音楽について語ろうトークイベント

2018/06/18

9月18日に行われるジャルーさんとの共演に先駆けて、ジュンク堂池袋店にてトークイベントが行われます!ワールドミュージックに造詣が深い音楽評論家の北中正和さんと「大地の芸術祭」総合ディレクターの北川フラムさんとお話をします。
 
『大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018公式ガイドブック』刊行記念 大地から生まれる音楽について語ろう
 
日程:7月6日(金)
場所:ジュンク堂書店池袋店 9Fギャラリースペース
出演:GOMA(ディジュリドゥ奏者)
北中正和(音楽評論家)
北川フラム(「大地の芸術祭」総合ディレクター)
 
【講師紹介】
●GOMA(ゴマ)
ディジュリドゥの奏者、画家。
1997年修業のために単身でオーストラリアに飛込みアボリジナルの長老で国際的なディジュリドゥ製作者ジャルー・グルウィウィ氏のもとで数ヶ月生活を共にし、ディジュリドゥとアボリジナルの世界を学ぶ。1998年アーネムランドで開催されたバルンガディジュリドゥコンペティションにて準優勝。ノンアボリジナル奏者として初受賞という快挙を果たした。
 
●北中正和(きたなか・まさかず)
音楽評論家。東京音楽大学講師。
新聞、雑誌、放送などで、世界各地の音楽を批評、紹介している。2000-2012年までNHKFM『ワールド・ミュージック・タイム』のDJをつとめた。
著書『ロック史』『にほんのうた 戦後歌謡曲史』『毎日ワールド・ミュージック』『「楽園」の音楽』、編著書『事典 世界音楽の本』『世界は音楽でできている』他多数。
 
●北川フラム(きたがわ・ふらむ)
アートディレクター。大地の芸術祭総合ディレクター。1946年新潟県高田市生まれ。アートフロントギャラリー主宰。
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の他、「瀬戸内国際芸術祭」「北アルプス国際芸術祭」「奥能登国際芸術祭」の総合ディレクターを務める。
著書『美術は地域をひらく』(現代企画室)は、アメリカ、中国、台湾、韓国で翻訳出版されている。
 
★入場無料。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111)
 
■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5