GOMA

家族の日記

DSC_0172

2010/1/29
昨年末にインターネットである新聞記事を読んだ。「高速道路で渋滞停車中に追突された男性、画像所見なくとも脳損傷 初の認定」一瞬自分たちの事かと思うほどだったけど、この方を診察している先生を探して、1ヶ月先までいっぱいだった予約順番が来て本日やっと診察してもらえることになった。

Hクリニックで2時間にわたり診察。*神経学的検査 では私の目から見ても明らかな左側の筋力低下があり、とても恐ろしいことが起こっていることを目の当たりにした。今まで受診した病院では検査といえばレントゲンで神経学的検査はやらなかった。パパが色々思い出せないと訴えると、「もしかしたら微細なキズが脳に出来た為かもしれない」と伝えられた。すると「僕は気が狂った訳ではないのか?」と質問した。先月受診した脳神経外科の医師からの心無い多くの言葉に傷ついていたパパは自分は交通事故で気が狂ったと思っていたようだ。道を歩いていても周りの人から自分は頭のおかしい人だと思われていないか不安を感じる様になった。精神科受診をして異常はないと言われると思っていたのに、次の予約をとるように言われてやっぱり気が狂ってしまったと落胆していた。今日の結果をもとに精密検査を受ける様に指示される。

*神経学的検査 どの部位にどのような障害が存在するのかを判断するために行う検査。レントゲンやMRI、CTなどを撮影せずに抹消神経障害、脊髄損傷などの障害部位を確認することが可能。スパーリングテスト・ジャクソンテスト、握力、腱反射、知覚、病的反射、表在反射など多数ある

2010/2/2
Hクリニックで紹介状をもらったK大学病院のリハビリテーション科と眼科を受診。
診察までに時間がかかると伝えられたので喫茶店にて時間を潰す。喫茶店に行く前にトイレ、喫茶店を出たあと病院にてまたトイレ、診察後またトイレ、事故後トイレが近い。

言語機能の検査で引っかかって明日再検査。本人曰くとても難しかったようで「あんなの合格する人いるのかな?」と心配していた。

眼科の診察を待っているとまあちゃんが発熱していると幼稚園から連絡が入り検査を中断して帰る。明日も検査があるので一人で来れるかと訪ねたら大丈夫と言っていたので、「どの駅からのって何処で乗り換えて何処で降りるの?」と訪ねたら答えられなかった。帰りの電車を待っている駅で再度「明日は何処の駅で降りるの?」と質問したら新宿と答える。「新宿は乗り換えだよ、今いる駅で降りるんだよ、駅名は?」と質問したけど考え込んだ後、解らないと言う。その後電車の中で何度も明日の電車の乗り降りや乗り換えを説明する。

2010/2/3
今日の電車の乗り方、乗り換え、病院に到着後やることを詳細に紙に記したものを作って渡す。病院に到着したら携帯メールを送って来てと伝えて使い方をレクチャーして駅まで送る。メールが来ないので心配していたら、子どもを幼稚園に迎えに行っている間に、留守電が入っていた。初診受付まで終わったと嬉しそうな声。やっぱりまだ携帯メールの使い方は覚えられないのかな?

朝7時に家を出て夜8時に帰宅した。疲れ切っている様子。新宿で乗り換えに30分以上かかったという。帰りは最寄駅で降り口を間違えて暗くて怖くなったからタクシーで帰ってきた。と不安な顔で話す。
(南口で降りないといけないのに、多分東口で降りた。と思う)

2010/2/4
パパからの質問「エコって何?」エコと言う言葉がわからないらしい。

2010/2/5
まひろの誕生日。SくんとHちゃんが来てくれた。部屋の飾り付けをしているのに部屋から出て来ない。見に行くと絵を描いている。もうちょっとしたら行くよというが、1時間半たっても来ない。まひろを幼稚園に迎えに行くので、二人のことをよろしくねと伝えて帰って来た時は皆と一緒に部屋で待っていた。まだ家族以外の人に会うのは抵抗がまだあるようだ・・・気持ちが沈みがちになると絵を描き始める。

2010/2/6
身体が冷えて左側が痛いと訴え温泉に行きたいという。
準備して車に乗車しようとしたらバッテリーがあがっていて車が使えない事が発覚。タクシーで行こうと言う。高いから無理だと伝えると急に気分が落ち込みだす。一度落ち込み始めると夜寝るまではずっと気分が沈む。

2010/2/7
ツタヤにDVDをかりに行きたいというので地図を書いて渡す。道に迷ったみたいでツタヤ往復に3時間以上かかって帰宅した。(家からツタヤは自転車で10分ほどの距離)夜、近所のイタリアンで外食。食事後、店から出た時に階段で大きくつまづく。昨日今日とすごく寒いせいか、左側が動きづらい、左側ばかりぶつけると訴える

2010/2/8
ツタヤでレンタルしたDVDを見る。内容が入ってこないと何度も何度も巻き戻ししては見ていた。本を読んでも内容が入ってこないと言う。事故でアホになったかもしれないと言って落ち込んでいた

2010/2/9
友達の誕生日プレゼントを購入する為に成城へ。駅に降りた時に見た事のある景色だと言う。事故直前の11/22私たちの結婚記念日に駅ビルのレストランで食事をしたので覚えていてくれたのかな? 帰り自転車置き場の場所が解るかと訪ねると解らないという、自分の思う様に歩いてみてと頼んだら悩みながらとぼとぼと歩く、しびれを切らしたまあちゃんが場所を教えてしまう。

2010/2/10
イギリス滞在時仲良くしていたヘアスタイリストのNくんが髪を切りにきてくれた。Nくんは雰囲気も全然かわらず、会うのがとても久しぶりだったけれどパパは落ち着いていた(普段なら人に会う前必ず緊張する。)東京にきてからも何度も髪を切ってもらっていたが覚えていなかった。イギリス滞在時のことは割と覚えていたようで昔話に花を咲かせて楽しそう。

2010/2/12
子どもがお友達とトラブルを抱えていたことを忘れていた。家族で何度も話し合ったのに。しかしこればかりは忘れている事が少しうらやましい。忘れない様にメモした事が何か解らない時があると言う。

2010/2/16
ゆでたまごを食べたときむせる。飲み込みづらいという。(脳損傷が起因の嚥下障害???)
まあちゃんの誕生日パーティーに飾った部屋飾りを見て、綺麗やね〜とつぶやくので???と思って『あれは誰が飾ってくれたか覚えてる?』と聞くと「うーーーん・・・」とつまづいてわからない。不本意にもすごくイライラしてしまう。つい10日程まえの話、なんでわからないの?

2010/2/17
事故の状況の開示をしてもらう為に、検察庁へ電話した。本人でないといけないと言われて電話を代わる、電話を切ったあと、「何て言ってた?」と聞くと「なんやったっけ???」と。。。電話が苦手になった、話の内容を覚えられないって困っていた。

2010/2/20
*1度目の事故 の時の状況やカルテを開示してもらうためにEクリニックを受診、その後カフェにて自分の記憶が定着しづらいことがわかって来たという。記憶出来ても1週間くらいたつと忘れているという。(私の感覚では一週間どころか、昨日の事も覚えていない)

*GOMAは2008年12月イベント会場へ行くためのイベンターの車に乗車中、大阪の新御堂筋で渋滞中の後続車がブレーキとアクセルを踏み間違えて追突されるという交通事故にあっている。このときはムチウチの症状は出ていたが大事に至らなかったので休むことなく音楽活動を続けていた。この立て続けに2回追突されたことが脳損傷の原因の大きな一つだと医師から告げられている

2010/2/23
慶應大学の帰り道、車で渋谷を通った時に、「ものすごいごちゃごちゃした場所やなあ〜」と言う。渋谷の風景さえ解らないようだ。上京して9年目何度この道を通った事か・・・

2010/2/23
大きな絵を描く為に場所を使いたいからと一昨日自宅から徒歩5分の所にある地域福祉センターの利用申し込み用紙(自分でもらってきたもの)を見てこれなんだったっけ?と言う。

2010/2/27
まあちゃんの習い事の付き添いから帰宅、家でいたパパに医者に行ったかと聞くと行っていないという。
何事も直前に確認しないと忘れる。

↓↓↓出版記念ライブのチケットはこちらより↓↓↓
0909+1030 flyer_omote
GOMA The Jungle Rhythm Section Live 2016「事故にサヨナラ」
2016/9/9(金)渋谷 WWW X → Click here!
2016/10/30(日)大阪 梅田 NOON+CAFE → Click here!

GOMA OFFICIAL WEB http://www.gomaweb.net
GOMA Instagram https://www.instagram.com/goma_official/
GOMA FACEBOOK PAGE https://www.facebook.com/GOMAOFFICIAL/
GOMA twitter https://twitter.com/Goma_didgeridoo
SUMIE Instagram https://www.instagram.com/sumiemorimoto/
SUMIE twitter https://twitter.com/sumi_jungle

PAGE TOP