GOMA

家族の日記

_9702
初期絵画シリーズ 1

2009/11/26 事故当日

今日はマイケルジャクソンのThis is itを見に行くことを随分前から決めていた。そのためパパに娘を預けることを約束していたのだけれど、15時を過ぎた頃に突然「すぐに戻って来るからビクターのスタジオに行って来年発売予定のDVDのデータを取りに行きたい」と言った。渋々OKした私は映画を見に行きたいからまあちゃん(娘)を連れて行って欲しいと頼むと、「わかった」と言ったはずなのに子供を連れて行かずに一人で行ってしまった。2時間半くらい経って帰ってこないなーと不安になり始めていた頃、TVで交通事故の特集を見てると電話が鳴り、嫌な予感がした。

救「ご主人さんが事故に遭われて病院へ搬送しますので来れますか?。」
す「主人は大丈夫ですか?」
救「大丈夫だと思います。呼びかけには一応反応しますので」
す「車は?」
救「自走できないのでレッカーで運びました」
救「ご主人さんと話しますか?」
す「はい」
救「家族の方と電話が繋がっているので話しますか?」
救「家族の方と電話が繋がっているので話しますか?」
救「家族の方と電話が繋がっているので話しますか?」
(GOMAに問いかけるが反応がないので段々と声が大きくなる)
救「だめだね」とつぶやいたあと
救「すみません、ちょっと今反応がないので病院へ来て下さい。」
*救=救急隊員 す=すみえ

私はレンタカーを借り子どもを友人へ預け病院へ向かった。
到着するとパパは救急室で寝ていた。
しばらくして目を覚まし私の顔を見ると、とても小さな声で「ごめんね」と言い涙を流した。

医師が来て「あ・目が覚めた? 大丈夫だからもう帰っていいよ。」「CTも異常がないし、骨にも異常がない、相手の車のスピードが結構出てたみたいだから後遺症は出ると思うよ。家の近くの整形外科でちゃんと見てもらう様に」と伝えられるがパパは反応がなくぼーっとしている。医師は再度パパに「どうする?もう一本点滴やってく?帰る?」と少し強めの口調で尋ねた。

こんな状態でも骨に異常がなければ帰らないといけないんだとフラフラのパパを連れ駐車場へ向かった。救急室から車を停めてあった場所までは通常3分もかからない距離なのにふらふらと歩いては休憩を繰り返し20分くらいかかって到着した。すごく寒かった。

パパは車に乗るとすぐに寝始めた。
30分ほど走って、子供を預けた友達の家の近くで一旦停車して、高速警察隊に電話をした。明日新富町まで来いって???無理だよ(パパは)フラフラだよ・・・それでも行かなきゃ行けないらしい。

子どもを引取って帰宅。
すぐに寝る。

次回へ続く

↓↓↓出版記念ライブのチケットはこちらより↓↓↓
GOMA The Jungle Rhythm Section Live 2016「事故にサヨナラ」
2016/9/9(金)渋谷 WWW X → Click here!
2016/10/30(日)大阪 梅田 NOON+CAFE → Click here!

GOMA OFFICIAL WEB http://www.gomaweb.net
GOMA Instagram https://www.instagram.com/goma_official/
GOMA FACEBOOK PAGE https://www.facebook.com/GOMAOFFICIAL/
GOMA twitter https://twitter.com/Goma_didgeridoo
SUMIE Instagram https://www.instagram.com/sumiemorimoto/
SUMIE twitter https://twitter.com/sumi_jungle

PAGE TOP